ギニアの子供たちに笑顔を

家で眠っていることの多い楽器 リコーダーを、楽器に触れる機会が少ない国の子供たちにプレゼント。
リコーダーは楽器の中でも電気がいらずリードもいらない、世界中どこでも演奏することができ努力をすればプロになり手に職つけるという道も開ける。

言葉のいらない音楽を通して夢と希望を子供たちに・・・

そこでわたしたちはNPO法人(特定非営利法人)日本ギニアコナクリ国際交流協会(JGFA)の協力のもとギニア共和国に持っていきます。なぜギニア共和国なのか?2016年、エボラ出血熱が大流行し国が大変なことになりましたが、国際機関やボランティア・当該国の努力でようやく昨年の6月1日、世界保健機関(WHO)により2回目の流行終息宣言が発表されました。しかしまだまだ国際社会の協力が必要です。国が大変な状況であっても子どもたちは頑張って生きています。
わたしたちはその子供たちに少しでも笑顔を与えられたらと思ってリコーダーを持っていきます。
皆様のご支援よろしくお願いします※プロジェクトページにとびます。